プラセンタ サプリ 比較 おすすめ 効果 ランキング ステラマリア

最新プラセンタサプリ【効果/口コミ/おすすめ/ランキング/比較/評判】ステラマリア

プラセンタの副作用について徹底解説!

2016年04月12日 18時01分

肌が綺麗になりたい肌が前よりくすんでいる気がする最近疲れやすくなった・・・など
悩んでいる方も多いと思いますが、そんな悩みを持っている人におすすめなのが「プラセンタ」です。
プラセンタはお肌はもちろんいろいろなことに効果があると言われていますが、
そうはいってもプラセンタってどんなものなの?副作用とかあるんじゃないの?
と心配に思っている人も少なくありません。
 

プラセンタ=胎盤というイメージがあるため副作用があるという風に思っている人も多いのかもしれませんね。
胎盤と言ってもそのまま胎盤をしようしているわけではなく、
胎盤から良い栄養素を抽出したものがプラセンタですので、
プラセンタには副作用のようなものはほとんどないと言われています。
プラセンタを使用してこれまで重篤な副作用が起こったというような報告はありませんし、
医師との相談は必要になりますが、プラセンタは薬ではないので普段飲んでいる薬と
一緒に併用することが可能であることも多いです。
 

しかし、副作用は一切ない、お肌には良いし身体にも良い!といいことばかりかかれていると
何だか良いことばかりで騙されているような気がする気がしますよね。
サイトなどを見てみると「プラセンタ副作用」というような言葉が出てくることもあると思います。
プラセンタには副作用がほとんどないと言われているのに、これは一体どういうことなのでしょうか?
プラセンタの副作用についてはいろいろな話しがあり、中には誤解のようなものもたくさんあります。
 

そもそも、プラセンタというのは高品質で濃度の高い栄養が含まれているので、体に及ぼす影響も強いです。
それは良い影響であることが多いのですが、感じる体の変化は良いものばかりであるとは言えません。
プラセンタが体のバランスを取ろうとすることで、人によっては一時的に不快な症状を感じる場合もあります。
アレルギー症状、倦怠感というような症状が一時的に出る人がいるという報告が実際にあるので、
それを不快な症状と感じるのであれば服用や飲用は中止するべきであると言えます。
 

それを副作用だと勘違いしてしまっている方もいるようですが、そのときに起こる症状というのは、
体に害を及ぼすような副作用ではなくて、プラセンタによって代謝が急に良くなって体の組織などが
変化することで一時的に起こる「瞑眩現象(めんけんげんしょう)」と言われる反応であることがほとんどです。
その他にプラセンタを利用したことによって起こると言われている不快な症状についてみていきましょう。
 


・太りやすくなる

プラセンタを摂取するようになって太りやすくなった、太ったという人は実際にいますが、
これはプラセンタによる副作用ではないと言えます。
というのもプラセンタに脂肪を蓄えたりするような作用はなく、カロリーも高くないので、
プラセンタを摂取したからといって太るというようなことはまずないと言えます。
プラセンタは女性ホルモンに作用するので、それが原因で太るのでは?と考える人もいるようですが、
それも直接の原因とは言えないでしょう。
ホルモンバランスを整える作用がプラセンタにあるのは事実ですが、
ピルのように妊娠中と同じような状態にするというような作用はプラセンタにはないので、
プラセンタが原因で太ることはまずないと思います。
プラセンタを摂取したことによって、一時的に太るというようなことがある場合は、
無意識に摂取カロリーが増えているのが原因であると考えるのが自然でしょう。
 

・体臭がきつくなる

プラセンタを摂取することによって体臭がきつくなったというような副作用を
サイトで見かけることも多いですが、プラセンタに体臭をきつくするような作用はありません。
新陳代謝が良くなる効果があるので、新陳代謝が良くなったことで、
汗の分泌が増えて体臭が気になるようになったというのが自然でしょう。
 

・ニキビが出来やすくなる

プラセンタの成分にはニキビを改善する効果はあってもニキビをつくるような作用がありません。
一時的に皮脂腺や汗腺が活性化されたことで皮脂の分泌が増えた、毒素が毛穴から排出されたことによって
ニキビが出来たというようなことは考えられるかもしれませんが、
プラセンタが直接ニキビの原因になるようなことはないので、これは副作用とは言えません。
 

・眠くなる・眠りにくくなる

プラセンタを摂取するようになってから眠気がひどいという声も多いですが、これも副作用とは言えません。
プラセンタはうつ病などにも良いと言われている通り、自律神経を調整する作用があります。
自律神経が緊張している状態にあると、バランスを保とうとしてリラックス状態にさせようと働くので、
それが眠気を感じやすくさせているのかもしれません。
その逆でプラセンタを摂取してから眠りにくくなったというような声もありますが、
これも眠気がひどくなるのと同じ作用で自律神経に働く作用によって起こるものです。
一時的なものではありますが、飲む時間帯や量などを調節することをおすすめします。
 

・便秘、もしくは下痢になる

プラセンタには腸の働きを良くする作用があるので、普段便秘気味の人が摂取すると
便秘を解消してくれる嬉しい効果を期待することが出来ます。
しかし、もともと快便の人がプラセンタを摂取するとそれが原因で
お腹がゆるくて下痢になったりするというような場合があります。
ほとんどの場合は一的なものなのですが、3日以上症状が改善されないというような場合は、
体質的にプラセンタが合わないという可能性が考えられるので
1度プラセンタの服用をやめることをおすすめします。
 

・体がだるくなる

疲労回復に効果があるというからプラセンタを摂取しはじめたのに、
かえって体がだるくなったという声もありますが、これは使用を始めたばかりの時に
自律神経を整える作用などによって緊張やストレスがほぐれることの反動であることが考えられます。
ほとんどの場合は2、3日でおさまりますのであまり気にしなくて良いでしょう。
 

以上のようにプラセンタを摂取することでいろいろな症状が起こったという口コミがあります。
その人たちが嘘をついているわけではないと思いますし、
プラセンタを摂取したことで体調に変化が出た人がいるのは事実でしょう。
しかし、それは副作用ではありません。
プラセンタは人が作ったものではなく安心して摂取することが出来るものです。
プラセンタには魅力的なすごいパワーが豊富に秘められているのは事実です。
ただ、そのすごいパワーが体に合わずにだるくなる、眠くなる、下痢をしやすくなるというような
症状が出る人がときどきいます。
そして、それが副作用のように思え勘違いしている人がいるということが多いのではないでしょうか。
 

プラセンタには副作用がほとんどありません。
 

取り出す前のプラセンタは母体内で胎児の免疫系等を代替しています。
胎盤のおかげで母子ともに健康でいられるのです。
通常、臓器には持ち主を識別するナンバーのようなものがついているため、
他人に移植をすると拒絶反応を起こします。
ところが角膜とプラセンタは、そのナンバーがなく、異物として認識されない珍しい臓器です。
そのためプラセンタには副作用がほとんどないのです。
 

その後取り出され、製品加工されたものは蛋白質(アミノ酸も含む)製剤として認可されています。
蛋白質アレルギーの人などに、異種タンパク質による一過性の拒絶反応が出る場合があります。
この場合は、かゆみや発疹として体に現れます。